忍者ブログ

月夜の猫

私の大好きな事や日常の気になる事など …私の色々を書いたブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

くつろぎの場所

心の休まる場所はどこですか?
本当の自分を隠さずに見せられる人は誰ですか?
嫌な事を忘れる為にする事は?

私の両親はいつも仲は良い方らしいのですが、
子供の事になるといつもケンカをして嫌な思いをして
育ってきました

年の離れた弟はすっかり顔色を見る子になり
何度も離婚してくれたらきっとこんな思いはしないのにと
思ってきた…

一度、父親に怒られて私と弟を追い出した時
靴も無く行くあても無く…2人でずっと公園のベンチで
空を眺めていました

初めて観た幾千も降る流れ星を観たあの日の事は
きっと一生忘れられません


私達のせいでケンカをするなら居なくなればしないのに…
だけど小さかった頃は居なくなる事も出来ず
どうする事も出来ず…早く大人になって出て行くことばかり
考えていました


そして自分が結婚する時は幸せで平和な家庭を願ってたのに

それなのに結婚した人は年下だからかもしれないけど
子供な人で…自分自身も子供だったのでしょうが
気が付けばいつもケンカばかりしていました…

そのうち色んな想いが重なりどんどん一緒に居るのが
嫌になり別れてしまいましたが、子供を守り為でも
あると思い頑張ってきました


家に帰ると家族が居て…話し声、笑い声溢れる家庭が
私の理想でした…それの夢に敗れて早8年

今でも夫婦揃って家族仲良く歩く姿を見ると
とても切なくなります…本当の家族のあるべき姿は
コレなのかもしれないのに私は違う…と
そして子供達から父親と言う存在を奪ってしまったと
いう罪悪感に押しつぶされそうになります

そしてこれからも誰にも頼らずに子供達を育てて
いかなくてはいけないという重圧に時々耐えられなく
なると現実逃避をしたくなります

親とはいえ…大人とはいえ…気持ちが潰れそうになり
どうしたらいいか分からなくなる時があるから

きっとこんな話をしたら私の母親は強い人なので
何をバカな事をと怒られるのでしょうが…
私は彼女と違うから…それにどんなにケンカしてても
心も経済も支えてくれる父が居るとどこかで思ってしまう


今、経済は守られてるのかもしれないけど…
一生のものでは無い私の立場を考えるとこの先が怖い
そしてそれをどうする事も出来ない自分がまた怖い
自分ひとりなら何とでも出来るけどせめて子供達が
無事に育つまではどうにかしなくちゃいけないのに…
その先を考えられない自分が怖い

そして自分でだんだん支えられなくなってきてる
自分の心が怖い…

何て脆く弱くなっちゃったのか…それとももともとなのか
分からないけど心の不安が止まらなくて…
どうしたら良いのか分からなくて…


あんなに嫌がっていたケンカが今でもつきまとう
両親のケンカから始まり…夫とのケンカ…
そして今は子供達同士のケンカに心を悩まされ…

私の居場所はどこ?

私の心の休まる場所はどこ?

どこに行けばこの怒った声や泣き声の聞こえない所へ
行けるの?

店の中も家の中も街の中も…怒った声と泣き声は
聞こえない場所は無くて心がざわつく

どこに帰れば笑顔で居られるの?

そう思うとまた帰ってしまうあの場所へ
でもそれもだんだん出来なくなるだろうから
他の場所を探すか心のより所を探さなくては
いけないのかな…

真剣に何かを考えて動かなくちゃいけない時期に
来てるのかも知れないなぁ…自分と家族の将来を
もっと真剣に考えなくちゃいけないんだと…

いつまでも子供じゃ居られないね…

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

悲しいけど…

人間はすべて分かり合える事は無いので
どれだけ歩み寄れるかなのですが…
最近の私は疲れているのか何なのか、
ケンカの声を聞くのがもう嫌なんです!!
私の神経を逆なでされて…心がざわついて
落ち着かなくなっていく

だけどなかなかすべてを話せて甘えられる人も居なく
1人ですべてを抱えてるのがだんだん辛くなってきたのかも
だからって甘えっぱなしにはきっと慣れたいのでしょうけど
(意地っ張りだから…)
自分が自分のままで居られる場所が欲しいです。
  • from 悠季 :
  • 2008/06/09 (08:54) :
  • Edit :
  • Res

無題

川崎に向う途中の電車の中のケンカもそうですが、確かにイライラしている人は増えている気がします。知らない人同士が気に食わない素振りでケンカの火種になってしまうのです。一見普通の男性同士なのに。
更に親や子供など気心が知れてくると、お互いに遠慮がない分言い合いになれば深い傷にもなるよね。
親になってみてわかる親の気持ち、でも考えはそれぞれだから納得出来ない部分もあったり…。その領域は未経験なんであまり言えないけれど、どんな関係でも誰かと完全に理解しあうというのはとっても難しいし、結局どこかで許してしまわないと息詰まってしまうよね。
そういう風に悠季を大きく包んでくれる人が現れるといいんだけど…。そういう人との思い出の積み重ねがきっと悠季の安住に繋がるんだと思います。
もちろん、私もいつかはそういう人のそばにいられたらいいと思ってます。(一応)まあ、夢みたいな人おっかけてるんで今のところは現実味がないけどね…。
まあ、とにかく出会いよ~!(笑)未来を明るく照らしましょう。
  • from 慈音 :
  • URL :
  • 2008/06/09 (04:36) :
  • Edit :
  • Res

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

セルフィちゃんねる

【フルみっく伝染歌プレーヤー】

プロフィール

Copyright ©  -- 月夜の猫 --  All Rights Reserved

 / Design by CriCri / Photo by Claudia35 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ